HOME > ご紹介 > かわさき本 > これでいいのか神奈川県川崎市

かわさき本(郷土本)

川崎関連の書籍のご紹介です。(郷土本)店頭のかわさき本コーナーにて陳列中!※店頭に在庫のない商品が掲載されていることがあります。ご了承ください。商品の特性上 希少な商品や一般流通していない商品、絶版商品など、入手困難な商品もございますのでご了承ください。

かこさとし

LinkIcon特設ページ(まとめ)

藤嶋昭

LinkIcon特設ページ(まとめ)

ムック類(品切れの恐れあり)

LinkIconるるぶ南武線2016年出版!
LinkIcon武蔵小杉Walker 2014
LinkIcon川崎駅Walker 2013
LinkIcon溝の口Walker 2013
LinkIcon川崎市Walker 2011-2012
LinkIcon武蔵小杉Walker 2012

絶版本(手に入りません)

(絶版)かわさきの文学 かわさき文学賞50年記念作品集
(絶版)宇宙の始まりを俺達は知っている
(絶版)日本お菓子ばなし 川崎の巻
(絶版)これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西冷戦激化中!
(絶版)空たび -かわさき-

これでいいのか神奈川県川崎市


これでいいのか神奈川県川崎市
地域批評シリーズ 5

岡島慎二/編

出版社名 : マイクロマガジン社
出版年月 : 2015年12月
ISBNコード : 978-4-89637-544-2
(4-89637-544-0)
税込価格 : 853円
頁数・縦 : 319P 15cm

LinkIconこの本のe-honページへ


[要旨]

川崎コンプレックスを払拭できるか?徹底調査でわかった川崎の今とこれから!

[目次]

第1章 川崎市7区はどんなとこ?
第2章 川崎ってどうなのよ
第3章 川崎駅東側はやっぱり元祖川崎だ
第4章 川崎駅西側の変貌に住民はついていけるのか
第5章 東横線沿線住民の保守本流を追う!
第6章 多摩川を越えるとちょっと違うよね
第7章 憧れ(?)の青葉区に近くなった宮前区だが
第8章 多摩区のほのぼの感って何!?
第9章 川崎市といわれても
第10章 川崎はずっと変わらずいればいい

著者紹介

岡島 慎二 (オカジマ シンジ)  
1968年茨城県生まれ。ギャンブル、格闘技から学術系までなんでもこなす雑食ライター兼編集者。1987年に上京(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)