HOME > ご紹介 > かわさき本 > 君たちには話そう かくされた戦争の歴史

かわさき本(郷土本)

川崎関連の書籍のご紹介です。(郷土本)店頭のかわさき本コーナーにて陳列中!※店頭に在庫のない商品が掲載されていることがあります。ご了承ください。商品の特性上 希少な商品や一般流通していない商品、絶版商品など、入手困難な商品もございますのでご了承ください。

かこさとし

LinkIcon特設ページ(まとめ)

藤嶋昭

LinkIcon特設ページ(まとめ)

ムック類(品切れの恐れあり)

LinkIconるるぶ南武線2016年出版!
LinkIcon武蔵小杉Walker 2014
LinkIcon川崎駅Walker 2013
LinkIcon溝の口Walker 2013
LinkIcon川崎市Walker 2011-2012
LinkIcon武蔵小杉Walker 2012

絶版本(手に入りません)

(絶版)かわさきの文学 かわさき文学賞50年記念作品集
(絶版)宇宙の始まりを俺達は知っている
(絶版)日本お菓子ばなし 川崎の巻
(絶版)これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西冷戦激化中!
(絶版)空たび -かわさき-

君たちには話そう かくされた戦争の歴史


君たちには話そう かくされた戦争の歴史
いしいゆみ/著
出版社名 : くもん出版
出版年月 : 2015年7月
ISBNコード : 978-4-7743-2407-4
(4-7743-2407-8)
税込価格 : 1,512円
頁数・縦 : 127P 20cm
LinkIconこの本のe-honページへ

[要旨]

太平洋戦争が始まる四年前に神奈川県川崎市につくられ、戦争が終わる直前には長野県の伊那谷に移転したという、陸軍の秘密の研究所。そこは登戸研究所とよばれましたが、くわしく調べようとしたところ、資料は見つかりません。付近をたずねまわっても、「名前だけは聞いたことがある」「なにをしていたのか知らない」と答える人ばかり。研究所で働いていた人たちも見つかりはしたものの、戦争当時の命令を守り、口をかたく閉ざしつづけていたのですが…。「大人には話したくない」と言っていた彼らが、「君たちには話そう」と口を開き、高校生に向かってぽつりぽつりと語りはじめました。

[目次]

第1章 秘密の研究所
第2章 つかめはじめた手がかり
第3章 見つかった、すごい資料
第4章 表の戦争、裏の戦争
第5章 同じころに長野県で…
第6章 口を開きはじめた人たち
第7章 つながった川崎と伊那谷
おわりに 消された歴史を明かすわけ

著者紹介

いしい ゆみ (イシイ ユミ)  
長野県生まれ。『無人島で、よりよい生活!』で第24回福島正実記念SF童話賞の大賞受賞
。2007年に岩崎書店から刊行。日本児童文学者協会会員。創作集団プロミネンス会員(本
データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)