HOME > ご紹介 > かわさき本 > 川崎フロンターレあるある2

かわさき本(郷土本)

川崎関連の書籍のご紹介です。(郷土本)店頭のかわさき本コーナーにて陳列中!※店頭に在庫のない商品が掲載されていることがあります。ご了承ください。商品の特性上 希少な商品や一般流通していない商品、絶版商品など、入手困難な商品もございますのでご了承ください。

かこさとし

LinkIcon特設ページ(まとめ)

藤嶋昭

LinkIcon特設ページ(まとめ)

ムック類(品切れの恐れあり)

LinkIconるるぶ南武線2016年出版!
LinkIcon武蔵小杉Walker 2014
LinkIcon川崎駅Walker 2013
LinkIcon溝の口Walker 2013
LinkIcon川崎市Walker 2011-2012
LinkIcon武蔵小杉Walker 2012

絶版本(手に入りません)

(絶版)かわさきの文学 かわさき文学賞50年記念作品集
(絶版)宇宙の始まりを俺達は知っている
(絶版)日本お菓子ばなし 川崎の巻
(絶版)これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西冷戦激化中!
(絶版)空たび -かわさき-

川崎フロンターレあるある2



川崎フロンターレあるある 2
いしかわごう/著 高江りゅう/画
出版社名 : TOブックス
出版年月 : 2016年4月
ISBNコード : 978-4-86472-471-5
(4-86472-471-7)
税込価格 : 1,188円
頁数・縦 : 158P 18cm

LinkIconこの本のe-honページへ

[要旨]

愛され続けて20年!等々力競技場の改装、新クラブハウス完成とビッグクラブへの道筋は整った。今年こそ悲願のJ1初優勝を!今回も選手、監督、OBはもちろん、スタッフやマスコットも登場。納得の大ネタから、サポ心をくすぐるマニアックネタまでフロンターレのすべてをカバー。さらには「等々力劇場」を盛り上げる縁の下の力持ちプロモーション部列伝も収録!待望のシリーズ第2弾!

[目次]

第1章 フロンターレ「選手」あるある
第2章 フロンターレ「トリビア」あるある
スペシャル座談会(井川祐輔・小宮山尊信・田坂祐介)
第3章 フロンターレ「カルチャー」あるある
レジェンドOBが振り返るクラブ20周年の歴史1―佐原秀樹編
第4章 プロモーション部列伝
レジェンドOBが振り返るクラブ20周年の歴史2―寺田周平編
おすすめコメント

待望の第2弾登場!!前作を凌駕する数々の「あるある」を収録

著者紹介

いしかわ ごう (イシカワ ゴウ)  
北海道根室市生まれ。大学卒業後、スカパー!の番組スタッフを経て、2007年からサッカー専門新聞「EL GOLAZO」の担当記者として6シーズン活動。現在はフリーランスとして川崎フロンターレを取材。クラブ応援番組「ファイト!川崎フロンターレ」(TVK)の出演、企画構成経験もある。プロ棋士と親交があり、将棋の腕はアマチュア三段(日本将棋連盟三段免状所有)。2015年からはNHK将棋トーナメントの観戦記者としても活動を開始している

高江 りゅう (タカエ リュウ)  
漫画雑誌の奨励賞を受賞。現在はネットを拠点にイラストや漫画などで活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)