HOME > ご紹介 > かわさき本 > 第一巻 何のために「学ぶ」のか

かわさき本(郷土本)

川崎関連の書籍のご紹介です。(郷土本)店頭のかわさき本コーナーにて陳列中!※店頭に在庫のない商品が掲載されていることがあります。ご了承ください。商品の特性上 希少な商品や一般流通していない商品、絶版商品など、入手困難な商品もございますのでご了承ください。

かこさとし

LinkIcon特設ページ(まとめ)

藤嶋昭

LinkIcon特設ページ(まとめ)

ムック類(品切れの恐れあり)

LinkIconるるぶ南武線2016年出版!
LinkIcon武蔵小杉Walker 2014
LinkIcon川崎駅Walker 2013
LinkIcon溝の口Walker 2013
LinkIcon川崎市Walker 2011-2012
LinkIcon武蔵小杉Walker 2012

絶版本(手に入りません)

(絶版)かわさきの文学 かわさき文学賞50年記念作品集
(絶版)宇宙の始まりを俺達は知っている
(絶版)日本お菓子ばなし 川崎の巻
(絶版)これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西冷戦激化中!
(絶版)空たび -かわさき-

第一巻 何のために「学ぶ」のか

桐光学園「中高生からの大学講義」プリマー新書
桐光学園+ちくまプリマー新書編集部・編

桐光学園で行われている出張講演を元に出版されいている。
「どうすれば大学に入れるか」よりも「大学で何を学べるのか」についての若者へのアドバイス



何のために「学ぶ」のか
ちくまプリマー新書 226 中学生からの大学講義 1
外山滋比古/著 前田英樹/著 今福龍太/著 茂木健一郎/著 本川達雄/著 小林康夫/著 鷲田清一/著
出版社名 : 筑摩書房
出版年月 : 2015年1月
ISBNコード : 978-4-480-68931-3
(4-480-68931-1)
税込価格 : 886円
頁数・縦 : 202P 18cm

LinkIconこの本のe-honページへ

[要旨]

大事なのは知識じゃない。正解のない問いに直面したときに、考え続けるための知恵である。変化の激しい時代を生きる若い人たちへ、学びの達人たちが語る、心に響くメッセージ。

[目次]

知ること、考えること(外山滋比古)
独学する心(前田英樹)
学問の殻を破る―世界に向けて自己を開放すること(今福龍太)
脳の上手な使い方(茂木健一郎)
生物学を学ぶ意味(本川達雄)
学ぶことの根拠(小林康夫)
「賢くある」ということ(鷲田清一)

著者紹介

外山 滋比古 (トヤマ シゲヒコ)  
1923年生まれ。東京文理科大学英文学科卒業。『英語青年』編集を経て、東京教育大学、お茶の水女子大学で教鞭を執る。お茶の水大学名誉教授。専攻の英文学のほか、エディターシップ、思考、日本語論、教育論などの分野で独創的な仕事を続けている

前田 英樹 (マエダ ヒデキ)  
1951年大阪生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。現在、立教大学現代心理学部教授

今福 龍太 (イマフク リュウタ)  
1955年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業。82年より、メキシコ・キューバ・ブラジルにて人類学的調査に従事。札幌大学教授、サンパウロ大学日本文化研究所客員教授等を務め、現在は東京外国語大学大学院教授、奄美自由大学主宰

茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年生まれ。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京工業大学大学院連携教授。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。「クオリア」をキーワードとして、心と脳の関係を探究している

本川 達雄 (モトカワ タツオ)  
1948年宮城県仙台市生まれ。東京大学理学部生物学科(動物学)卒業後、東京大学助手、琉球大学助教授などを経て、1991年東京工業大学教授、2014年より同学名誉教授。専門は生物学。棘皮動物(ナマコ、ウニ、ヒトデ、ウミユリ)の硬さの変わる結合組織の研究や、サイズの生物学を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)