HOME > ご紹介 > かわさき本 > 僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ

かわさき本(郷土本)

川崎関連の書籍のご紹介です。(郷土本)店頭のかわさき本コーナーにて陳列中!※店頭に在庫のない商品が掲載されていることがあります。ご了承ください。商品の特性上 希少な商品や一般流通していない商品、絶版商品など、入手困難な商品もございますのでご了承ください。

かこさとし

LinkIcon特設ページ(まとめ)

藤嶋昭

LinkIcon特設ページ(まとめ)

ムック類(品切れの恐れあり)

LinkIconるるぶ南武線2016年出版!
LinkIcon武蔵小杉Walker 2014
LinkIcon川崎駅Walker 2013
LinkIcon溝の口Walker 2013
LinkIcon川崎市Walker 2011-2012
LinkIcon武蔵小杉Walker 2012

絶版本(手に入りません)

(絶版)かわさきの文学 かわさき文学賞50年記念作品集
(絶版)宇宙の始まりを俺達は知っている
(絶版)日本お菓子ばなし 川崎の巻
(絶版)これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西冷戦激化中!
(絶版)空たび -かわさき-

僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ スポーツでこの国を変えるために



僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ スポーツでこの国を変えるために
天野春果/著
出版社名 : 小学館
出版年月 : 2011年6月
ISBNコード : 978-4-09-840124-6
(4-09-840124-X)
頁数・縦 : 214P 19cm

LinkIconこの本のe-honページへ

[要旨]

地域貢献、教育など、選手だけでは成り立たないサッカークラブの取り組みが、新たな可能性を引き出す。

[目次]

序章 算数ドリルのキセキ;第1章 ブームではなくライフ―集客にマジックはない;第2章 シンプルな集客の仕組み―“始まり”をつくり、“終わり”をつくらない;第3章 クラブづくりの鍵を握る七つのつながり―ステークホルダーを活かし、活かされる;第4章 徹底的なマーケティング―集客の鍵は“郷土愛”にあり;第5章 先を読む力となんとかする力―ゴールまで平坦な道はない

[出版社商品紹介]

スポーツビジネス、スポーツと地域といった、日本とは全くその考え方の違う諸外国での経験や、川崎フロンターレで取り組んだ具体的なエピソードを紹介。