HOME > ご紹介 > かわさき本 > 残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日

かわさき本(郷土本)

川崎関連の書籍のご紹介です。(郷土本)店頭のかわさき本コーナーにて陳列中!※店頭に在庫のない商品が掲載されていることがあります。ご了承ください。商品の特性上 希少な商品や一般流通していない商品、絶版商品など、入手困難な商品もございますのでご了承ください。

かこさとし

LinkIcon特設ページ(まとめ)

藤嶋昭

LinkIcon特設ページ(まとめ)

ムック類(品切れの恐れあり)

LinkIconるるぶ南武線2016年出版!
LinkIcon武蔵小杉Walker 2014
LinkIcon川崎駅Walker 2013
LinkIcon溝の口Walker 2013
LinkIcon川崎市Walker 2011-2012
LinkIcon武蔵小杉Walker 2012

絶版本(手に入りません)

(絶版)かわさきの文学 かわさき文学賞50年記念作品集
(絶版)宇宙の始まりを俺達は知っている
(絶版)日本お菓子ばなし 川崎の巻
(絶版)これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西冷戦激化中!
(絶版)空たび -かわさき-

残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日



残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日

飯尾篤史/著 出版社名 : 講談社
出版年月 : 2016年4月
ISBNコード : 978-4-06-219962-9
(4-06-219962-9)
税込価格 : 1,620円
頁数・縦 : 317P 19cm


LinkIconこの本のe-honページへ

[要旨]

「サッカーがうまくなりたい」と悪戦苦闘を続ける、中村憲剛35歳。雑草魂の物語!

[目次]

1章 落選―運命の一日
2章 激闘―南アフリカでの葛藤
3章 渇望―高まる移籍熱
4章 波瀾―思わぬすれ違い
5章 新風―理想のサッカーとの出会い
6章 焦心―揺れ動く日本代表への想い
7章 疾走―史上最高の中村憲剛
8章 閃光―届かなかったブラジル
終章 熱源―いつだって未来は明るい

おすすめコメント

Jリーガー中村憲剛の生きざまを描いた人物ノンフィクション。南アフリカ・ワールドカップで残した大きな悔いを、ブラジルの地で晴らしたい。そのために中村は「日本代表」と「川崎フロンターレ」、2つの車輪で前進しようとするのだが――。苦悩と歓喜の日々の先に待っていたのは、代表メンバーからの落選だった。高い壁にぶつかり、それを乗り越えたと思ったら、今度は落とし穴に落っこちて、這い上がる。その繰り返しだった。それでも中村は、その経験をバネにして、未来を手繰り寄せてきた。「だからね、未来は常に明るいんですよ」 挑戦と挫折を繰り返し、35歳を迎えた今なお「サッカーがうまくなりたい」と悪戦苦闘を続ける、プロアスリートの物語。

著者紹介

飯尾 篤史 (イイオ アツシ)  
スポーツライター。1975年生まれ、東京都出身。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て出版社に勤務し、サッカー専門誌の編集記者を務める。2012年からフリーランスに転身。ワールドカップをはじめ、国内外のサッカーシーンを中心に精力的な取材活動を続け、スポーツ誌、サッカー専門誌などに寄稿している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)